読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンママになった私とその娘の奮闘日記\( 'ω')/ヘーイ

19回目の誕生日二日前、母になった私、そして同時にシングルマザーに…そんな私と娘のリアルを届けます。

得たものと失ったもの〜過去編part1〜

過去編part1と言うことで、まず、そうですね。

んー、私が高校に入った時の話から掻い摘んでいきましょう!

 

私は、中学の頃勉強は全くできなくて、得意としていた教科も、音楽と体育だけ、

生徒会に入り先生とはお友達(b・ω・d)イェァ♪

って感じのガキンチョでした笑

そんな子だったので、高校も軽音部がある高校がいいなーと地元の定時制に決めたんです(´ー`*)ウンウン

入学してからとゆうもの、目まぐるしい日々が駆け抜けましたね〜( ´・ω・`)

そんな中で出会った大切な友達、ちぃーちゃんとでも呼びましょう。

そして、たくさんの恋愛をした中で友達から恋人に変わったゆんゆんの父親

楽しくて仕方なかった部活や生徒会、

トータルとしては凄くキラキラした高校生活でした。

ですが、まぁー、高校3年生の夏に、付き合っていたゆんゆんの父親…よしと呼びましょう。

そのよしとの間に小さな小さな命が出来たことがわかりました。

正直凄く嬉しくて、そして同時に不安でした。

ですが、私はよしに話す前に既に産むと決意はしていました。

よしに話した時、よしは「俺は、音羽音羽のお姉ちゃんのような悲しい思いはさせないから、ちゃんとするから」と言ってくれました。

 

私の姉はデキ婚で出産してすぐ離婚しシンママになっていたのでそんな話になったのですm(_ _)m

 

まぁ、その時はそのまま、2人とも1度家に帰ったのですが、5分も経たないうちによしから呼び出されたので私は急いで家族に「また呼び出された!」と言って家をあとにしました。

よしに再び会ってすぐ、私を抱きしめた彼、私の頭はハテナだらけでしたね( ˙-˙ )

するといきなり力いっぱいお腹を殴られ、私は何が何だかわからず、息もできず泣き、家に力を振り絞り帰りました。

いきなり!?となりますよね?

私もなりました笑

よしは私が家に向かうのを見て逃げていました。

救急車で運ばれ、小さな小さな命は無事だと確認でき、どれほど安心したことか…。

 

その後も、相手の家族と話し合うも、

『女が悪い』だの『膣洗浄しなかったからだ』だの言われ続け、最後まで産むのには反対され、お金も出してはもらえませんでした。

よしの家系も母子何ですけどね(‐д`‐ll)

 

産む。

そう決めた時、私は大事な、命を得ました。

そして、同時に大好きな人を失いました。

そんな、高校3年生の私の過去のお話でした。